初診の予約は電話予約のみとなりました。診療時間内にお電話をお願いいたします。

診療は原則として予約制です。予約外の方は長時間お待ちいただく場合や、後日の受診をお願いすることがあります。



当院の動画情報はこちら

当院での分娩|戸塚の産科・婦人科 あおのウイメンズクリニック 休日診療 自然分娩を中心に考えていきます

当院での分娩

診療カレンダー

9月
26
診 療
27
診 療
28
午後休
29
休 診
30
診 療
31
臨時休
01
午後休
02
診 療
03
診 療
04
午後休
05
休 診
06
診 療
07
診 療
08
午後休
09
診 療
10
診 療
11
午後休
12
休 診
13
診 療
14
診 療
15
午後休
16
祝日
17
診 療
18
午後休
19
休 診
20
診 療
21
診 療
22
午後休
23
祝日
24
診 療
25
午後休
26
休 診
27
診 療
28
診 療
29
午後休
30
診 療
01
診 療
02
午後休
03
休 診
04
診 療
05
診 療
06
午後休
10月
30
診 療
01
診 療
02
午後休
03
休 診
04
診 療
05
診 療
06
午後休
07
診 療
08
診 療
09
午後休
10
休 診
11
診 療
12
診 療
13
午後休
14
祝日
15
診 療
16
午後休
17
休 診
18
診 療
19
診 療
20
午後休
21
診 療
22
休 診
23
午後休
24
休 診
25
診 療
26
診 療
27
午後休
28
診 療
29
診 療
30
午後休
31
休 診
01
診 療
02
診 療
03
祝日

休診 9:00~12:00

分娩について

方針

❶ 病棟スタッフは全員助産師!
  エキスパートがあなたの妊娠~産後をサポートします。 

イメージ

病院のスタッフと言えば医師や看護師ですが、産婦人科では助産師という職種が活躍しています。
「助産師」とは、看護師資格を取得した後、さらに母子支援について専門的に学習し国家資格に合格した専門職です。
当院では、妊娠・出産・産後を通してお母さんが安心して過ごせるように、助産師を多く配置しています。不安や心配事があれば、気軽に相談してみてください。

❷ ひとりで抱え込まないで。
  不安や悩みを共有できる環境が整っています。     

妊娠・出産・産後は、ホルモンバランスが不安定で、体調の変化やこころの変調が起きやすくなっています。そのため、不安や悩みを抱えておられるお母さんは少なくありません。
当院のスタッフは、お母さん一人ひとりと関わる時間を大切にしています。気持ちに寄り添い、思いを共有し、解決できる内容は全力でサポートします。
もし、ちょっとでも不安に思うことや、悩んでいることなどがあれば、ぜひスタッフにお声掛けください。

❸ 退院後もサポート!
  授乳、育児について助産師が個別に対応いたします。  

当院では、退院後も赤ちゃんとお母さんのフォローを行っています。産後2週間と1か月の定期健診をはじめ、母乳育児をお手伝いする「母乳外来」があります。
「母乳外来」は予約制で、助産師がマンツーマンで対応しております。
赤ちゃんが上手に母乳を飲めなかったり、体重が増えているか気になる場合や、乳房に痛みやしこりがある場合、卒乳の方法を相談したい場合など、母乳に関する悩みごとがあれば、当院に電話でご連絡ください。

経腟分娩

分娩経過中は、助産師を中心にサポートを行い、できるだけリラックスしてお産にのぞめるようにご協力いたします。
分娩経過中は時間が許す限り助産師が寄り添い、つらい陣痛を乗り越える手助けを行うことを推進しています。

無痛分娩

ご希望のある方には、硬膜外麻酔を主とした無痛分娩を行います。
陣痛ストレスによる血圧上昇防止のためなどに行うこともあります。
無痛分娩は予定日を決めて行う計画分娩を基本とします。予定前に陣痛が来たときや分娩が始まった後に無痛分娩を強く希望される場合なども、可能な限り対応いたしますが、時間帯や他の分娩進行者とのかねあいにより、対応できない場合もありえます。
硬膜外麻酔の短所として、陣痛が弱くなったり、分娩が終わってから強い頭痛が起こる場合などがあります。

帝王切開

過去に帝王切開や子宮筋腫核出術の既往がある方や、骨盤位(さかご)のときなどは、原則として陣痛開始前に予定帝王切開を行います(子宮筋腫の手術既往は、手術の内容により経腟分娩が可能な場合もあります)。
母児の状態によっては分娩経過中に突然、緊急帝王切開が必要になることもあります。

手術室

立ち合い分娩について

希望される方は、ご主人様の立ち合いが可能です。
ただし、帝王切開の場合は申し訳ありませんがご遠慮ください。

早期母子接触

経腟分娩後すぐにお母さんがあかちゃんを抱っこして、早期の母子接触を行っていただくように努めます。この際、あかちゃんの呼吸異常やベッドからの落下がないよう、スタッフが十分に注意を払います。

母児同室

母児同室を基本として母児の接触を推進していきたいと考えています。
お母さんの体調や疲労の状態によっては、臨機応変にあかちゃんを新生児室でお預かりいたします。遠慮なくお申し付けください。

入院について

お部屋のご案内

入院のお部屋は合計12床です。個室×5部屋、3人部屋×1部屋、4人部屋×1部屋となります。
お産後の方は、ご自身の休養やあかちゃんと触れ合う時間が十分にとれるよう、個室がお勧めです。ご希望のお部屋が空いていない場合、個室では室料がかかりますことをご了承ください。

お部屋のご案内

お食事について

産科クリニック専門のプロのコックさんが、栄養が十分に考慮されたとてもおいしいお食事を提供いたします。
分娩後にご提供するお祝い膳は、ご希望があればご主人様の分もご準備できます。有料となりますが、ご夫婦でゆっくりと出産のお祝いをされてください。

  • お食事①
  • お食事②
  • お食事③
  • お食事④
  • お食事⑤
  • お食事⑥
  • お食事⑦
  • お食事⑧
お食事①

お食事①

お食事②

お食事②

お食事③

お食事③

お食事④

お食事④

お食事⑤

お食事⑤

お食事⑥

お食事⑥

お食事⑦

お食事⑦

お食事⑧

お食事⑧

※画像をスライドしてご覧下さい。


当院のお産セット

  • スムースガウン 1着
  • 産褥ショーツ2枚
  • お産パットS・M・L1袋ずつ
  • マミーパット(2枚)
  • Babyおしり拭き 2袋
  • 紙おむつ 2袋
  • 歯磨きセット・スリッパ・ランシノー

当院のお産セット

当院からの貸し出し

  • 産褥用パジャマ
  • Babyの衣類
  • バスタオル、フェイスタオル1日1組
  • ティッシュ
  • 洗顔ソープ、ボディーソープ、シャンプー、トリートメント
  • 授乳クッション
  • 円座

ご自身で準備するもの

  • 保険証、診察券、各種書類、印鑑、母子手帳
  • 当院のパンフレット
  • 下着類(授乳用ブラジャー、産褥ショーツ、インナー類など)
  • Baby用のガーゼ 5枚
  • 退院時のBabyの洋服、おくるみ

入院中のご面会

面会時間は、15:00~20:00です。
発熱や嘔吐、下痢、咳などの症状のある方は、お母さんやあかちゃんへの感染防止のため来院はご遠慮ください。

陣痛タクシー

24時間いつ陣痛や破水が起きても安心して入院していただけるよう、陣痛タクシーの利用をご提案いたします。
以下のタクシー会社さんは、戸塚区周辺の陣痛タクシーを運営しています。

日本交通横浜株式会社

  • 基本的に、事前申し込みによる妊婦さんとタクシー会社との直接契約が必要です。
  • どちらのタクシー会社さんか、陣痛タクシーであるかどうか、にかかわらず、一定の条件を満たせば、当クリニックでタクシー代をご負担いたします。
    詳細につきましては、お問い合わせください。

分娩に関する料金について

  • 正常分娩(経腟分娩)
    経産婦(4泊5日から)  約49万円から
    初産婦(5泊6日から)  約51万円から
  • 帝王切開  予定帝王切開の場合(7泊8日) 約50万円から

分娩料金は、入院日数や入院中の処置内容により変動いたします。
当院は、産科医療補償制度加入医療機関です。
上記料金には掛金16,000円が含まれます。

出産育児一時金直接支払制度(42万円。産科医療補償制度掛金を含む。)をご利用いただくと、退院時の支払額は上記費用から「42万円+分娩予約金8万円」を差し引いた額となります。
入院費がこれらの合計額を下回る場合は差額をお返しいたします。

  • 分娩予約は妊娠12週以降に適宜ご案内させていただきます。
    予約時に予約金80,000円をお預かりいたします。
  • 無痛分娩 約90,000円~100,000円(薬剤費込、入院費別途)
  • 個室入院料 6,000円/日
  • 分娩時刻の時間外加算(夜間、早朝、当院休診日) 20,000円
  • 新生児聴覚スクリーニング(希望者のみ) 7,500円
    ※横浜市在住の方、3、000円の補助有り
  • お祝い膳追加料金(希望者1名まで) 5,000円
  • その他、ご不明の点につきましては、お問い合わせください。